SPROUSE

ブラックリストの注意点

132 views 2016年6月27日 2016年8月26日 SPROUSE 5

ブラックリストには2種類の登録方法があります。

商品を登録する方法と、メーカーを登録する方法です。

商品を登録した場合は、その商品のみブラックリストに登録されます。

メーカーを登録した場合はそのメーカーの商品全てがブラックリストの対象となります。

ただし、ここで注意して頂きたいのがメーカーを登録しても、ブラックリストの対象とならないケースが2つあります。

1つ目は、LegoとLego inc,の様に本来同じメーカーなのに異なるメーカーとして登録されている場合です。

ブラックリストに登録してあるメーカーと似た名前の商品を出品している場合は、出品管理画面に「ブラックリストかもしれないメーカー」と表示されます

ここをクリックすると関連しそうなメーカーの一覧が表示されますので、そちらから登録してください。

2つ目のケースは、メーカーの情報自体が登録されていない商品のケースです。

商品名にはメーカーの名称が入っているがメーカーの情報は存在していないケースが稀にあります。

この場合はシステムでは判別が出来ないので、商品毎に個別にブラックリストに登録してください。

 

また、ブラックリストに登録するとSPROUSEユーザ全体に影響を与えます。

例えば、電化製品はユーザ毎に出品するかどうかは判断が違うので、ブラックリストに登録するのは控えるなど、よく考えて登録をするようにお願いします。

この記事は参考になりましたか?