SPROUSE

商品リストを分析する

151 views 2016年8月8日 2016年8月8日 SPROUSE 3

SPROUSEで出品中の商品リストを分析する事により底値に到達してしまった商品やブラックリストに該当する商品、など売れる見込みの無い商品を積極的に削除する事でSPROUSE全体のパフォーマンスも上がり、売上増加も期待出来ます。

まずは商品リストをダウンロードします。

*ダウンロード方法に関してはこちらの記事を参照してください。

 

ダウンロードされたファイルは【inventoryYYYYMMDDTIME】のようにファイル名が付けられます。

ファイルを開くと以下のようなフォーマットになっています。

SKU ASIN 商品名 出品価格 日本最安値 利益 利益率 ROI 競合数 ランキング 送料 重量(Kg) 幅(cm) 高さ(cm) 奥行き(cm) 周囲(cm) 発売日 最新売上日 最安値 カート 底値 情報不足 ブラックリスト

list

例えば、最安値に【◯】が付いている商品は現在、最安値を取得出来ている商品です。

しかし、底値フィールドに◯が付いている場合、この商品は今後売れる見込みがありません。

対象のフィールドに◯が付いているものをExcelのフィルター機能等で抽出してください。

 

除外(削除したいSKU)が決まったら、次は一括でそのSKUを削除します。

この操作に関しては以下の記事を参照してください。

全ての商品を一括で削除する

この記事は参考になりましたか?