SPROUSE

自動リサーチに登録してみる(ウォッチリスト)

352 views 2016年6月27日 2016年8月19日 SPROUSE 4

まずは「新しいリサーチ条件を追加する」ボタンを押しますScreen Shot 2016-08-19 at 18.05.03

 

 

すると、入力画面が開きます。

Screen Shot 2016-08-19 at 18.06.24

キーワード

商品名を英語で入力してください。

日本語で入力するツールが多いですが、海外で売れている商品を海外のamazonのデータの中から探した方が売れやすい商品が見つかる確率が高いので、SPROUSEでは英語で入力します。

キーワードがよくわからなければ、amazon.comでjapaneseと入力して見てください。

日本の商品が大量に出てくるので、参考にしてみてください。

 

カテゴリ

検索したい商品のカテゴリを入力してください。同じキーワードでも、カテゴリが変わればヒットする商品も変わります。カテゴリの選択は必須です。

 

価格帯

検索したい商品の販売価格を入力します。

0円から設定できますが、最低でも1,000円以上の商品でないと利益が出る事はほとんどありませんので、1,000円以下の物を検索する時間と負荷が無駄になってしまいます。パフォーマンスへの影響を考えますと、最低価格は1,000円以上を設定することをお勧めします。

 

以上の検索条件を設定して「条件に合う商品数をチェックする 」ボタンを押すとその条件に該当する商品数と、その商品を調べるのにかかる時間が表示されます。

Screen Shot 2016-08-19 at 18.12.55

この内容で問題なければ、「この条件を登録する」ボタンを押します。

あとは、SPROUSEが商品を見つけてくるのを待つだけです。

 

この記事は参考になりましたか?