SPROUSE

送料の設定を変更する方法

108 views 2016年6月27日 2016年10月29日 SPROUSE 3

送料の設定を現在よりも安くなるように変更する場合は必ず下記の手順で行ってください。

セラーセントラルからいきなり変更すると利益計算が正常に行われずに赤字になる場合があります。

なお、一時的に自動価格調整が無効になりますので深夜から午前までの良く売れる時間帯は避けて作業してください。

 

1. 出品管理画面から販売価格更新用のファイルを取得する

1

「送料設定変更用TSVファイル出力」をクリックするとファイルの出力が開始されます。

出品数に応じて1分〜30分ほどかかります。

なお、このファイルの出力と同時に、自動価格調整が有効になっている商品は一時的に無効に変更されます。

 

2. 各種設定画面で送料の設定を変更する

2

変更する予定の送料の設定を入力してください。

 

3. セラーセントラルにファイルをアップロードする 

menu

メニューのINVENTORYにカーソルを合わせると、「Add Products via Upload」という項目が表示されるのでクリックすると、次の画面が表示されます。

up

アップロードするファイルのタイプを「Price & Quantity File」を選択します。

ファイルの選択で、1で取得したファイルを選択します。

「Upload now」ボタンが押されると登録されます。

save

登録されると、Actionsが空白のタスクがリストに1つ追加されます。

登録時間は現地時間です。

「Refresh」ボタンを押すとステータスが更新されますので、定期的にクリックして登録が完了していないか確認してください。

出品数にもよりますが5〜30分ほどで登録されます。

登録が完了すると、送料が0円になってもSPROUSEで設定した利益がでる販売価格が一時的に設定されます。

 

4. セラーセントラルの送料の設定を変更する

3で登録が完了してから商品情報が更新されるまでに少しタイムラグがあります。

30分ぐらい待ってから、Shipping Settingにて送料を変更してください。

 

5. 待つ

4で設定した新しい送料の設定が反映さて、新しい送料の情報がaapsに反映された商品は自動的に自動価格調整が有効に戻ります。

なお、1の操作を行ったのに送料を変更しなかった場合は、ずっと自動価格調整は無効のままです。

1の操作を行ったが送料の変更をやめる場合は、手動で自動価格調整を有効に戻してください。

この記事は参考になりましたか?